社会福祉法人 北海道友愛福祉会

お知らせ

R2年度 クラストピックス(うさぎ組・きりん組・ぞう組)

【☆うさぎ組より☆】

この春から、1Fクラスから2Fクラスへ進級し大きく環境や生活の変化があったうさぎ組。最初はドキドキ緊張していたお友達もたくさんいましたが、今は2Fの生活にも慣れてきて毎日楽しく過ごしています。
元気いっぱいのうさぎ組のお友達はとにかく走るのが大好きで、ホールに行くと必ずマラソンをリクエスト!汗をかきながら全力で走っています☺
お外も大好きで、クラスから園庭を見ては、「今日はお天気良いからお外いけるかな~?」とお外遊びを心待ちにしていますよ。たくさん体を動かしてすくすく大きくな~れ♡

【☆きりん組より☆】

新入園のお友達も園の生活に慣れてきて、きりん組からはいつもにぎやかな声が聞こえてきます!
クラスに、目の不自由なHちゃんが居て、子ども達とお話ししました。すぐに受け止めHちゃん用の座る目印のマットや、手押し車の玩具にHちゃんを導いてあげる子ども達の姿に、とってもうれしく素敵な子ども達だなぁと感激しています。
年中になり、給食の量も増えていますが子ども達はびっくりするくらいモリモリ食べています。先日、「3時のおやつなあに?」と聞かれ、「むしぱんだよ」と話すと、「え”⁉虫パン⁉ヤダー‼食べれな~い‼」と(笑)
「虫パンじゃなくて、ふっかふっかと蒸す方の蒸すパン
です」と答えると「へ⁉フッカフッカって蒸すの?(^O^)」と安心するそんな可愛いクラスの1コマでした。

【☆ぞう組より☆】

ぞう組になり半月が過ぎて保育園で一番大きい、ぞう組という意識が芽生えてきている子ども達です!
きりん組の時は、ぞう組さんに教えてもらいながらのゴザ敷きお当番も、自分達でやらなくちゃ!と張り切って取り組んでくれています。「先生―カーテンも閉る?」と声を掛けるくれる子もいて、頼りになります!
お当番やクラスの活動で、積極性やお友達と協力する等協調性を身に付けていけたらと思います。
ぞう組ならではの活動も楽しみにしていて、「ピアニカいつするのー?」「かんがえる早くやりたーい!」「竹馬頑張る!」と、張り切っているぞう組さんです!
新しいことにもチャレンジして、自信のつく一年間になると良いなと思います。