社会福祉法人 北海道友愛福祉会

お知らせ

クリスマス会

img_0091

 12月22日はクリスマス会がありました。12月に入ってから、園の玄関には大きなポストと小さなポストが登場し、小さなポストはサンタさん宛のお手紙専用。大きなポストは、保護者からの子どもたちへの手作りプレゼントを受け付けるポスト(手作りプレゼントは、園からサンタの国へ送り、サンタさんからのプレゼントと一緒にママサンタの品物とカードを包んで当日お子さんにプレゼントされます♪)続々と大きなポストに保護者の方からの、愛情いっぱいのプレゼントが投函され、子どもたちも「たくさん入ってる♡」「どんなプレゼントが、もらえるのかな?」と当日をわくわくした気持ちで過ごしている様子でした。 小さなポストにも、子どもたちが頑張って書いたお手紙が溢れんばかり、入っていていました。
 当日は、クリスマスのお話を聞いた後は、未満児クラスの子どもたちは、1階のクラスでサンタを待ち、サンタさんの登場に、ぽか~んとしたり、「ぎゃぁ!」とまるで鬼を見たかのように、泣き出す子も・・(それは、2月まで取っておいてね 笑)それでも、勇気を出して!?プレゼントを受け取り、「ありがとう」と皆でお礼を言ってました。以上児クラスの子どもたちは、「ジングルベル」のフォークダンスを踊ったり、楽しい時間を過ごしていると、どこからか♪シャンシャン♪と鈴の音・・・サンタさんの登場に「やったぁ」「すごーい」と皆の顔が笑顔でいっぱい!! 一人づつサンタさんから「○○くーん、メリークリスマス」と名前を呼ばれ「ありがとう」としっかりお礼も言えました。 恒例のサンタさんへの質問Timeでは、小さなポストに入っていたお手紙を読んでくれていたサンタさんから、「たくさんのお手紙うれしかったよ~」と言われ、今年はお手紙の中に「いつもサンタさんは、みんなにプレゼントをあげてばかりだから、僕からプレゼントをあげます」と書いた手紙と一緒に、小さな車の飾りが入っていて、サンタさんも私たち保育士も感激してしまいました。
 最後に笑顔でサンタさんと記念撮影! 楽しいひとときでした。手作りプレゼントされた中には園で使う物などもあり、マフラーや、巾着を園に持ってきて、「サンタさんにもらったお母さんのプレゼント!」とっても嬉しそうに話す子ども達でした。 忙しい中、時間を作って製作して頂いた保護者の皆さんありがとうございました。